ボランティアで社会貢献!

バイトとボランティアの違いとは

バイトとボランティアの違いとしてまず挙げられるのは、有給か無給かということです。
しかし、バイトとボランティアの違いは、それだけではありません。
両者には、以下のような違いがあります。
「自発性」。 前者は、だいたいやることが決まっているので、指示された以外のことをすると、却って混乱を招くおそれもあります。
しかし、後者の場合は自発性が重要になってきます。

現場に着いて初めて、隠れたニーズや足りない物資に気が付くことが多いからです。 「主旨」。
前者は、例えば飲食店なら、「快適な空間で食事をしてもらう」ことが目的です。
決まった範囲の中で、顧客の要望に応えて行きます。
後者は、困っている人を助けるのが目的です。
何に困っているかは人それぞれですから、個々の事情に応じながら関わって行く必要があります。
「得られる物」。 前者は、働いた時間に応じて給料が貰えます。
後者は、無給ゆえに自己満足で終わりやすいので、経験を得ることを念頭に置く必要があります。

ボランティアとバイトの違いについて

ボランティアとバイトの違いとは、バイトの場合は仕事であるため、指示を出された業務をこなすことになります。
ボランティアでは、自発的な行動が求められるので、現場では何が起こるかわかりません。突発的な事も起こるでしょう。そのため、臨機応変に対応することも必要になってきます。さまざまなトラブルが起きることもあります、勝手な行動をすることは、あまりよくありませんが、自分で考え、状況を把握してどのように行動したら一番いい解決法かを模索する必要があります。

また、バイトでは接客業などでは、お客様に心地よい空間を提供し、おもてなしすることなどで賃金をもらうことができますが、ボランティアの場合には、困っている人や物事を解決するために行動しなければなりません。困っている事や問題のある事柄に積極的に関わる必要がでてきます。 もちろんバイトでも、仕事を覚えるという積極性は必要不可欠ですが、ボランティアの場合、自分で考えて自発的な行動が一番重要なポイントになります。

おすすめWEBサイト 5選

神戸の不用品回収サービス
https://seiriseiton.jp/

2017/2/1 更新