ボランティアで社会貢献!

ボランティアによる募金の呼びかけ

ボランティアを通じて金額が集まる背景には、同情するような気持ちが主に含まれています。募金額については呼びかける取り組みや宣伝の方法で差が出ていくものですが、きちんとしたかたちで実行していれば、想定以上の金額は集まっていくものです。また日本のボランティア精神は世界的にも評価されていることから、こういった活動はこれからも継続的に実行していく部分が重要です。同じ志を持つ仲間に出会えることで、将来的な部分についても前向きな姿勢が生まれていくようにもなり得ます。全国から募金を集めることにより、多くの子どもたちを救うような活動にも結び付ける方向が出ていくのです。

その一方でボランティアという活動を若いうちから育ませるような意識も重要であり、近頃は学校の道徳や総合学習に採用されています。平和や最低限の幸せがどういうものであるかを学ぶ場にも該当していくため、率先して行うようにする意欲がこれまで以上に大切になるわけです。

簡単にできるボランティア、それが募金

ボランティア、と聞くと敷居が高いもの、あるいは高尚なものであるとして少し身構えてしまう、という方も多いかもしれません。元々は志願兵、という意味でしたが現在ではそこから転じて、自ら望んで奉仕活動を行う人のこと、を一般的に意味します。日本では特に、無償の労働に従事する、という意味合いが大きくなることもありますが、大きなくくりで言えば「対価を要求することなく、誰かの役に立つことをすることである」と言えるかもしれません。対して募金とは、寄付金を募るという意味で、何かを目的とした金額を不特定多数の人間から集めることをさします。金銭を捻出するという意味でボランティアとは意味が異なるという見方もありますが、これも広い視点を持てば「対価を求めず(むしろ対価を支払って)誰かの役に立つことをする」という見方ができ、募金も広い意味でのボランティアであるととらえることもできると思われます。自己満足、偽善、といったような、ボランティアに対してあまりよくない言葉も聞かれますが、やらない善よりやる偽善、という言葉もあります。まずは自分が貢献したいと思えるようなことを探すことからはじめてみることがいいのではないでしょうか。

注目サイト

東京で開催のIT交流会

Last update:2017/10/31